'; ?> モビットの名前を持つ銀行系カードローン※消費者金融以外のモビット

モビット

銀行系カードローンの中に「モビット」の名前が使われている理由

一般の人がお金を借りることを考えた場合、たとえば消費者金融だったりあるいは銀行などを利用してお金を借りると思います。

 

特に使用目的が限定されていないということであれば、アコムやプロミスといった消費者金融を利用してお金を借りるという方法が手軽な方法かもしれません。

 

また、中には銀行の展開するカードローンを利用するという人もいるでしょう。

 

さて、そんな銀行のカードローンですが都市銀行はもちろんのこと、地方銀行の中でもカードローンを取り扱っているところがたくさんあります。

 

そんな銀行のカードローンの中には「モビット」の名前が冠されているものもいくつかあり、たとえば秋田銀行の「あきぎんモビット」や滋賀銀行の「しがぎんモビット」など、地方銀行の取り扱うカードローン商品の中に「モビット」の名前が使われていることがあります。

 

モビットといえばインターネットでの利用に特化した消費者金融業者として有名ですが、こうした銀行のカードローンで「モビット」の名前が使われていることについてはどうなのでしょうか。

 

まず、これは「モビット」の名前が使われているからといってモビットと契約をするというわけではありません。

 

あくまでも契約はそのカードローンを取り扱う銀行と契約をすることになりますので、そのカードローンについては名前こそ「モビット」の名前が使われていますが「消費者金融」ではなく「銀行系カードローン」ということになります。

 

ではなぜモビットの名前が使われているのかといえば、それはモビットがそれらのカードローンの保証業務を行っているためです。

 

保証業務とは、たとえばカードローンの利用者が銀行への返済を滞納した場合にその分を立て替えて支払ったり、利用者への取り立てを行ったりといった業務をいいます。

 

モビットはこうした業務を銀行の代わりに行っていることから、こうした銀行のカードローン商品に「モビット」という名前が使われているということなんですね。

 
 
学生というのは、やはり仕事をしてない分お金がないものです。バイトをしたとしても、やはり足らないような状態があると思うのです。だから、学生は大変な事が多いかもしれません。特に親から離れて県外で暮らしているなんてなると、かなりお金もかかってしまいます。実家暮らしとは違い、出費が多くなるので、やはり大変な...
続きを読む≫ 2014/06/11 20:58:11